理想を実現するための確認

作業員

床の構造は二重床がベスト

古い建物が蘇るのがリノベーションです。元の状態に戻すリフォームとは異なり、リノベーションは建物の性能を大幅に高めます。室内の快適性はもちろん、耐震性や耐久性まで高まり、充実で安心の日々を過ごせます。リノベーションを前提に中古物件を購入される方が増えており、現在検討中の方もいらっしゃるでしょう。大満足の中古物件購入とリノベーションとするために、たった1つのことに気を付けるようにしましょう。たった1つのこととは、物件によって行えるリノベーションは違うことです。特にマンションの場合には、床下の構造や排水管の位置が大きな制限となります。マンションの床には、二重床と直貼り床の2種類があります。二重床であればキッチンの場所をある程度移動できますが、直貼り床であれば移動は困難です。また、断熱材を床下に施工できない場合もあり、購入時に床の構造は必ずチェックしましょう。また、マンションの排水管は、上階から1階までつながっています。しかも、共用部分であるため、勝手に手を加えることは許されません。通常キッチン用の排水管と、トイレの排水管、お風呂の排水管の3つが室内にあります。間取り図を見ながら排水管の位置を予め確認しておくことで、希望の間取りになるリノベーションがしやすくなります。戸建ての購入を検討されている場合には、耐震性を確認するようにしましょう。耐震性に問題がある場合には、大掛かりな耐震補強工事が必要です。ケースによっては希望の間取りにならない上に、予定外の出費になる恐れがあります。

Copyright© 2018 床の保護の為にフロアコーティングが必要【理想のリノベーション】 All Rights Reserved.